campaign
【11月2日 プレスリリース】AIライティングを検知する機能を搭載したiThenticateの最新版2.0を提供開始
詳細を読む
cancel

企業情報

多様性と情熱を持つ私たちターンイットインは、1998年から世界の教育界と研究界に貢献してきました。教育や学術研究のあらゆる分野において、誠実さ、一貫性、公平さを促進するためのソリューションを開発および提供しています。

私たちのミッション

世界の教育と研究におけるアカデミック・インテグリティと研究公正を守ること


私たちの信念

顧客中心主義

世界の教育における学習成果の向上をミッションとして目指しています。そのために、教育者と学習者を中心に考えて行動します。

行動と責任

自分の行動に責任を持ち、困難から逃げず変化を受け入れます。

学習への情熱

私たちは、自分自身の学習と成長に努め、世界の教育と学習をサポートします。

インテグリティ(誠実さ)

私たちにとってインテグリティとは、私たちの製品、同僚への接し方、そしてお客様やパートナーとの協働において核となるものです。

One Team

組織のサイロ化を解消し、チーム間及び社員同士のコラボレーションの強化と互いを応援し、成功を祝います。

グローバル的思考

様々な考え方と多様性を尊重します。私たちの行動は、世界に影響を与えることを理解しています。

イノベーションを通じて教育コミュニティに貢献してきた業績

2023年

Feedback Studio(TFS)、TFS with Originality、Originality、Similarity、Simcheck、Originality Check、Originality Check+において、AIライティング検知機能の運用開始。

2021年

試験監督技術で世界を牽引するProctorExam社を買収。評価機能の拡張に向けてGradehub社を買収。世界各国の教育機関におけるアカデミック・インテグリティ促進に向けてOuriginal社を買収。

2020年

日本法人としてターンイットイン・ジャパン合同会社設立。ExamSoft社を買収。ターンイットインのポートフォリオに教育・認定・免許取得プログラムを支援する評価プラットフォームが加わる。

2019年

主力製品の強化、最先端の技術に投資するための長期的な拠点として、Advance社の傘下にターンイットインが加わる。

2018年

Gradescope社を買収。様々な課題形式や科目領域にわたって高品質で一貫した評価するサービスを提供開始。

2016年

Feedback Studioを発表。業界内最高レベルの類似性チェック機能を形成的なフィードバックと採点ツールと組み合わせることで、学生のライティング向上を支援。

2014年

ターンイットインによる機械知能(MI)領域への投資。また、Lightside Labs社を買収により、学生に対する直接的なフィードバック機能等、時間を節約するための機能を拡張。

2010年

教育コミュニティにおける合理化されたツールに対するニーズに応え、類似性チェック、オンライン採点、ピアレビューを利用できる単一ソリューションをターンイットインが設計。日本国内でのiThenticate導入開始。

2007年

類似性チェック用に圧倒的な量の学術コンテンツデータベースを開発するためターンイットインとCrossrefで業務提携を開始。

2000年

カリフォルニア大学バークレー校の学生が博士課程の研究で開発したデータベース・パターン照合の技術を活用した類似性チェックをTurnitin.comが導入し、運用開始。

職場におけるダイバーシティ&インクルージョンの推進

ターンイットインは、包括的(Inclusive)な職場を推進し、才能豊かな社員が自分らしく活躍できる環境作りを行っており、世界中のオフィスで公平性と多様性の向上に取り組んでいます。これまでの私たちの歩みを紹介します。

ジェンダー
グローバル従業員数(2022年第4四半期時点)

アジア太平洋地域
女性
男性
ヨーロッパ、中東、アフリカ
女性
男性
ラテンアメリカ
女性
男性
北米
女性
男性
ノンバイナリー(男性か女性かにとらわれない性自認)
合計
女性
男性
ノンバイナリー(男性か女性かにとらわれない性自認)

ジェンダー
グローバル・ディレクター以上(2022年第4四半期時点)

女性
47.37%
男性
52.63%
ノンバイナリー(男性か女性かにとらわれない性自認)
0%

エスニシティ
米国のみの従業員(2022年第4四半期時点)

アジア系
12.82%
黒人もしくはアフリカ系アメリカ人
10.72%
ヒスパニックもしくはラティーノ
12.59%
ハワイ先住民またはその他の太平洋諸島出身者
0.47%
複数のルーツ
3.69%
白人
59.44%

エスニシティ
米国のみのディレクター以上(2022 年第 4 四半期現在 )

アジア系
8.20%
黒人もしくはアフリカ系アメリカ人
9.84%
ヒスパニックもしくはラティーノ
8.20%
複数のルーツ
3.28%
白人
70.49%

私たちの歩み

当社は2020年第3四半期より従業員の多様化に着手しています。それ以降は以下となります:

+10PP
2020第3四半期 0.0%
2022第4四半期 9.8%
+5PP
2020第3四半期 3.0%
2022第4四半期 8.2%
+5PP
2020第3四半期 8.0%
2022第4四半期 12.6%
+3PP
2020第3四半期 8.0%
2022第4四半期 10.7%
+21PP
2020第3四半期 39.0%
2022第4四半期 60.0%

(PP = パーセントポイント) 注:当報告に記載されているデータは、従業員の自発的な自己申告に基づいて収集されたものであり、端数処理をしています。私たちが人種と性別のデータを収集するのは、多様性への取り組みの進捗を測定すると共に、米国政府の記録保持義務を遵守するためです。多様性に関するデータは、適用されるすべての国際的な個人情報保護法に従って適切に収集・使用しています。

ターンイットインの
ソーシャルインパクト

ターンイットインのソーシャルインパクト戦略は、教育・職業のシステムへのアクセスと公平性を高めるため、世界中の教育コミュニティとどのようにパートナーを組むかの指針となっています。


リーダーシップ紹介

クリス・カレン

最高経営責任者

アニー・チェチテッリ

最高製品責任者

メリッサ・ファラー

最高人事責任者

ジミーナ・ハシャム

最高顧客責任者

モリース・ヘイブルム

最高収益責任者

ヘイゼル・アン・メイヤース

ゼネラルカウンシル兼コーポレートセクレタリー

マイク・ミトリオン

最高技術責任者

ピーター・レンダル

最高財務責任者


オフィス所在地

当社は、リモートワークを推奨しています。
あなたがいま住んでいる場所からでも、教育業界に変革をもたらすことができます。

東京(日本)

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27-5
リンクスクエア新宿 16階

会社概要

ソウル(韓国)

Room,303-376, Gasan Digital 1-ro 171,
Geumcheon-gu, Seoul (Gasan-dong Gasan SK V1 Center),
Republic of Korea
+82 (0) 2 6020 6800

私たちと一緒に働きませんか?